通知の実行方法

通知の実行方法には、「Webの通知実行画面」「メール連携(アラートメール送信)」「APIコール」があります。

通知の実行方法 通知を実行する方法は

 ■ Symphony CallのWeb画面「通知実行画面」から通知を実行する
 ■ アラートメールをトリガとした「メール連携」によって通知を実行する
 ■ 「APIコール」によって通知を実行する

のいずれかとなります。
WEBの通知実行画面にて、必要な項目を選択・入力後、送信ボタンを押下すると、通知が実行できます。
通知実行画面の項目 ■通知先:    通知先を選択します
         通知先グループ、通知先ともに、Symphony Callに登録済みのものから選択します
         通知先、通知先グループについては、通知先と通知先グループ を参照してください

■通知アクション: 「通知情報」メニュー/「通知アクションリスト」画面で登録された通知アクションを
         選択します
         通知アクションについては、通知アクションとは? を参照してください

■コール方法:  電話通知を行う際の呼出方法を「順次」「同時」から選択します
         呼出方法については、電話通知の方法 を参照してください

■通知回線:   電話通知を行う回線を選択します
         専用の電話回線をご契約いただいていない場合は、Symphony Callが提供する回線のみ表示
         されています

■通知時間:   通知を行う日時を指定します
         現在日時、過去の日時を指定した場合は、即座に実行されます
メール連携は、Symphony Callが指定するキーワードを付加したメールをSymphony Callに送信することにより、
通知を実行します。
メール連携の概要については、メールをトリガとした通知実行 ⇒ メール連携とは? を参照してください。

http経由で通知実行APIをコールすることにより、通知を実行します。
APIの概要については、APIをトリガとした通知実行 を参照してください。

電話通知の方法

電話通知の方法には、「順次」と「同時」があります。

電話通知を受ける人をなるべく少なくしたい場合などは、順次通知、無条件に全員に通知したい場合は同時通知を指定します。

電話通知の方法 【順次】
通知先グループで指定された通知先に対して、順番に通知を行い
ます。

通知先が応答しない場合は、通知先の設定にリトライが設定され
ていれば、 設定された回数分リトライを行います。
リトライを行っても通知先が応答しない場合、次の順番の通知先
に電話通知を行います。

また、通知先グループ内のすべての通知先が応答しない、もしく
は、通知メッセージを最後まで確認しなかった場合に、通知先グ
ループの繰り返し回数が設定されていれば、再度1番目の通知先
から通知を行います。
【通知先グループの繰り返し回数が設定されていない場合】
1.通知順①へ電話通知
2.通知順①が応答しない場合は、通知順②へ電話通知
3.通知順②が応答しない場合は、通知順③へ電話通知
4.電話通知終了

※ 通知リトライを行うかどうかは、各通知先の設定による
※ 通知リトライは、各通知先毎のリトライとなる
   例)通知順①へのリトライを行い、通知順①が応答しない
     場合は、通知順②へ...
【通知先グループの繰り返し回数が設定されている場合】 1.通知順①へ電話通知
2.通知順①が応答しない場合は、通知順②へ電話通知
3.通知順②が応答しない場合は、通知順③へ電話通知
4.通知順③が応答しない場合は、再度、通知順①へ電話通知
  以降、2.3.4と同じ。
5.通知グループの繰り返し回数まで4.を行ったら
  電話通知終了

※ 通知リトライを行うかどうかは、各通知先の設定による
※ 通知リトライは、各通知先毎のリトライとなる
   例)通知順①へのリトライを行い、通知順①が応答しない
     場合は、通知順②へ...
【同時】
通知先グループで指定された通知先に対して、同時に通知を行い
ます。

1.通知順の設定に関係なく、①、②、③ に同時に電話通知 ※ 通知リトライを行うかどうかは、各通知先の設定による

電話通知のしくみと通知回数の考え方

Symphony Callの自動音声の再生は、相手が電話に応答したことを確認してから行われるので、確実な通報が可能です!


通知先の設定に認証番号を設定することで、本人確認をすることができます。
認証番号が設定されていない場合は、Symphony Callがランダムに指定する番号が押されてから、メッセージを再生するので、 留守番電話の場合は、応答したと判断されません。

電話通知の方法 【音声通知のしくみ】
相手が応答すると、最初に「冒頭メッセージ」が再生されます。
通知先に認証番号が設定されている場合は認証番号を、認証番号が設定されていない場合は、 Symphony Callが指定する
ランダムな番号が押されたら、「通知メッセージ」が再生されます。
例)”こちらは Symphony Call です。
X をダイヤルして、メッセージを確認してください。”
指定された通知メッセージを再生する Symphony Callが指定した番号、もしくは、認証番号が押さ
れるまで
、繰り返し再生する
6回再生後、指定された番号が押されなかった場合は、応答なし
と判断して切断する

6回再生する前に最大通話時間(顧客毎に設定された値)を
経過した場合も切断する
「相手が電話に応答したことを確認」 通知メッセージの最後まで再生した時点で、
再生完了とする


最後まで再生しなかった場合、通知リトライが
指定されていれば、リトライ間隔をあけて、
再度通知が行われる

通話が終了されるまで、通知メッセージを
6回まで繰り返し再生する。
「確実な通報」