通知アクションとは?

通知アクションは、電話の相手が応答してからの動作をIVR(Interactive Voice Response/自動音声応答)のような複数階層の
アクションでユーザが自由に設定できる機能です。

アクションは、さまざまな部品をユーザが自由に組み合わせて設定できるため、単純な電話通報で使いたい方や、相手からの
アクションによって電話通報の内容を変更したりと、さまざまなシーンに対応できます!
また、通知アクションを使った電話通知の方法については、通知の実行方法 を参照してください。

通知アクションとは?

通知アクションの設定方法について

通知アクションは、電話の相手が応答してからのアクションをアイテムを配置して設定します。
アイテムにどんなものがあるかについては、通知アクションのアイテム を参照してください。

設定画面の操作方法 通知アクション設定画面では、画面左部にある選択アイテム(①部)より、対象のアイテムをドラッグし、ドロップ可能
位置でドロップします。
ドロップ可能位置は、②にあるような水色枠です。

③の「アイテム削除」を押下すると、削除確認のダイアログが表示されるので、OKを押下すると最後に配置したアイ
テムが削除されます。
「アイテム削除」は、このように操作を1つずつ遡りながら、アイテムを削除できます。

アイテムの配置と、それぞれのアイテムの詳細設定が完了したら、④「通知アクション名」を入力して、⑤の「保存」を
行います。
以下のような通知アクションを設定した場合に、電話の相手が応答した後の動作がどのようになるのか説明します。
1.①で指定された音声を再生します
2.②で、Symphony Callサービスが指定したランダムな番号を押下するようにメッセージが流れます
3.相手が押下した番号が②で指定した番号と一致した場合、③で指定された音声を再生します

----- 相手が「1」を押下した場合 -----
4.④で指定された変数設定を行います
5.⑤で指定された音声を再生します
6.⑥で指定された場所に戻ります

----- 相手が「2」を押下した場合 -----
4.⑦で指定された音声を再生し、終話します

----- 相手が「3」を押下した場合 -----
4.⑧で指定された音声を再生します
5.⑨で指定されたURLをコールし、終話します

----- 相手が「9」を押下した場合 -----
4.⑩で指定された音声を再生します
5.⑪で指定された桁数分のダイヤルデータの入力待ちとなります
6.相手が⑪で指定された桁数分のダイヤルデータを入力すると、⑫で指定されたメールを送信し、終話します

----- 相手が「1」「2」「3」「9」以外を押下した場合 -----
4.⑬で指定された場所に戻ります

一部だけ変更した通知アクションを作りたいときは?

「複雑な通知アクションを設定したけど、あるアイテムの設定値だけを変更した通知アクションを追加で作りたい....」
同じような通知アクションをもう一度設定するのは煩わしいし、設定ミスの可能性もあります。

このような時は、通知アクションのコピー機能を使って、一旦、同じ通知アクションを作成し、該当箇所のみ変更を行います。

一部だけ変更した通知アクションを作りたいときは? コピー元となる通知アクションのコピーボタン(下図①部)を押下します。 コピー先となる通知アクションの名称を入力し、「コピーを作成する」を押下して、通知アクションを作成してください。
通知アクションの名称は、既存の通知アクションと重複しない名称としてください。